【お知らせ】一部英単語で音声読み上げ対応しました。(2019.05)

ボイストピックスG - Voice Topics G -

ゲーム速報、情報、ニュース&レビューをトピックス形式で掲載!大人のためのゲーム系エンタメサイト『VTG』

【速報】『ガンダムブレイカーモバイル』究極のガンプラカスタマイズゲームがスマホで遊べる!先行プレイ

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントを投稿する
【速報】『ガンダムブレイカーモバイル』究極のガンプラカスタマイズゲームがスマホで遊べる!先行プレイ
情報元:https://www.4gamer.net/games/467/G046784/20190620158/
ボイス 🔊
バンダイナムコエンターテインメントが今夏配信予定のスマートフォン向け新作アプリ「ガンダムブレイカーモバイル」(iOS / Android。以下,ガンブレ)は,ガンダムのプラモデル=ガンプラを作って戦う「ガンプラバトル」を題材とした3Dアクションゲームだ。主にコンシューマで展開されてきたあの人気シリーズが,新たにスマートフォンでも展開される。

ガンプラにかける青春!

ゲームの主人公は,ひょんなことからガンプラ部に入部することになった高校生だ。ヒロインのミヤマ・サナとの出会いをきっかけに,熱いガンプラバトルの世界へと足を踏み入れることになる。
実はこのオリジナルストーリーでは,大河原邦男氏,安田 朗氏らがデザインするオリジナル機体も作中に登場する。ガンダム史に名を残すビッグネームの両名が新たにデザインする機体となれば,ガンダムファンならぜひともチェックしておきたいところだ。

スマホで遊ぶことに最適化されたガンプラバトル

本作のバトルは従来のシリーズと同様の3Dアクションとなっている。基本操作はスマートフォンの操作体系に合わせてアレンジされており,スワイプで移動,フリックでステップ回避ができる。同じ方向に続けて2回フリックすると,バーニアで高速移動が可能だ(前後のみ)。

敵に接近すると自動で近接攻撃が発動し,近接攻撃中に画面をダブルタップすると,強格闘と呼ばれるコンボフィニッシュにつながる。
このほか射撃武器やパーツ固有技「EXSkill」の使用,ターゲット切り替え,ガードはそれぞれボタン操作で行う。

「EXSkill」は特定のパーツを装備すると使えるようになる必殺技のようなものだ。中には,原作アニメ内での活躍が再現されている。
操作面で面白いのは,ニュートラル時の動作を切り替える「GO」「STAY」というシフトボタンが用意されている点だ。操作をしていないとき,「STAY」だとその場に立ち止まるのだが,「GO」の状態だと画面に触れなくともターゲットした敵の方向へと自動で移動するようになる。これにより,片手持ちでも移動しながら射撃ができるのだ。スマートフォンでプレイすることを細かいところまで考えられている印象である。
このほかオート操作機能も搭載されているため,アクションの苦手な人も安心だろう。周回プレイで経験値を稼いだり,パーツを集めたりしたいときにも役立ちそうだ。
コンシューマ向けに展開された過去のシリーズと比べると,アクションは簡略化されているように見えるが,実際にプレイしてみるとこのシンプルさが片手での操作にはちょうどいい。操作ミスも起こりづらく,スマホアプリとして最適化された3Dアクションとなっていると感じられた。僚機や救援機とともに手強いボスキャラクターと戦うときの感覚は,見た目以上にガンブレらしさが伝わってくる仕上がりとなっている。

ガンプラビルドで作る楽しさ,見せる喜び

バトルと並んで「ガンブレ」の要(かなめ)となるのが,操作機体を自分で組み立てるガンプラビルドの要素だ。

本作のガンプラビルドはシリーズを踏襲しており,頭部,胴体,腕部,脚部,バックパックといったパーツを自由に選んで機体を組み立てられる。もちろん近接武器や射撃武器,シールドもそれぞれ好きなものを装備させることが可能だ。
加えて本作では「AIパイロット」というパーツが追加されており,歴代ガンダム作品に登場したパイロットたちをAIとして機体に登録できる。「AIパイロット」には,ほかのパーツと同様にパラメータやパーツ特性が設定されており,機体性能を左右する大きな要素となっている。
歴代ガンダム作品に登場した主人公やライバルパイロットなど,さまざまなキャラクターたちが登場
なお各パーツには耐久力や格闘攻撃力,射撃攻撃力といったパラメータが設定されており,その合計値が最終的な機体性能となる。バトルで経験値を得たり,経験値アイテムを使用したりしてパーツのレベルを上げていけば,ガンプラが強化されていく。
レベル上限はパーツのレアリティごとに決まっているが,ゲーム内で素材を集めて「覚醒」を行うと,パーツのレアリティをアップすることも可能だ。
あらゆるパーツが最高レアリティまで育成できるため,最終的にはパーツのレアリティから生じる格差を気にせず,自分の使いたいパーツで自由に最強のガンプラを目指すことができそうだ。

コメント

コメントを投稿する

入力 → 確認 → 完了


htmlタグは禁止ですが、twitterの埋め込みタグは有効になります。👍
URLには自動でリンクになります。
利用規約をよく読んでください。
公序良俗に反するもの、法律に触れるものなどは接続元の情報とともに警察に通報していますので、投稿する前に内容を再度お確かめください。
Androidアプリ早期アクセス配信中 抽選でアプリ内にAmazonギフトコードが現れます!今すぐインストール!
トピックを立てる
 
follow us in feedly

新着コメント

 

関連トピック


ログイン