【好奇心】素敵すぎる!!「世界最長の鉄道模型」としてギネス記録に認定された超広大なミニチュア模型の世界がヤバすぎる


ドイツ・ハンブルクにあるミニチュアワンダーランドは世界最大規模の鉄道模型テーマパークであり、鉄道だけでなく世界中の風景をHOスケール(87分の1スケール)で再現していることで知られています。

この鉄道模型はギネス世界記録にも世界最長と認定されているのですが、このたび、新たに「モナコ」の新線が生まれてさらに距離が伸び、世界最長記録が更新されました。

 

映像冒頭に出てくるのはミニチュアではなく、ハンブルクにある本物の建物。

建物の中には広大なジオラマが広がっています。

鉄道だけでなく船や自動車まで走っているこのジオラマが展示されているのが、ミニチュアワンダーランドです。

総延長はギネス記録認定時は全長1万5400m(15.4km)でしたが、「モナコ」新線が開通したことで、1万5715m(約15.7km)にまで伸びました。

外からは見えないプラットフォームも抜かりなく、列車を待つ人々まで含めて再現されています。

この規模は圧巻!鉄道好きや模型好きにはたまらないですね!

こんな車両も!なごみます。

近代車両のスピード感!!

昼と夜の違いもジオラマの中で再現可能です。

ミニチュアワンダーランド内では、合計で9つの世界が再現されています。

中央ドイツ」のミニチュア世界は実に120平方メートルの敷地に広がり……

「オーストリア」は60平方メートル。

100平方メートルの「アメリカ合衆国」エリアでは、スペースシャトルの打ち上げも再現されている模様。

190平方メートルに広がる「イタリア」エリアには、コロッセオのミニチュアも。

「スカンジナビア」では観光船が悠々と進んでいます。

また、「ヴェネツィア」も9平方メートルにわたって再現されていました。

人々が熱狂するコンサート会場

サッカースタジアムなども作られており、配置されているフィギュアの総数は実に26万体。

バカンスを楽しむ人々に…

建物の中でライトセーバーを持って対峙する見覚えのある光景に…

これはまさか!!あれやん

ナフィンゲン空港では1日に250便の離着陸があります。

レトロな場面もいいですねー

全体は50台のコンピューターで制御されています。

使用されているLED電球の数は39万個で…

ミニチュアワンダーランドの従業員は300人を超えます。

従業員らは合計で92万3000時間もの期間を費やし、ジオラマを建設してきたとのこと。

総製作費は3500万ユーロ(約41億円)。

多くの人々がミニチュアワンダーランドを訪れ、広大なジオラマ世界を楽しんでいます。

ミニチュアワンダーランドは今も着々と拡大中

サイドストーリーも沢山みつかる

 

みんなの声

ここで働きたい!

実際に見てみたいなー

小さいのいつか作りたい


0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)