【冷汗】いなくなった母親の行方


少し昔のはなし、人里離れたある集落に、ある夫婦が住んでいました。
夫婦はとても仲が悪く、喧嘩が絶えなかった。
そしてついにある日、口論の末に夫は妻を殺害してしまった。

遺体を見つからない場所へ隠した夫は、その後何事もなかったように生活をしようとするが、一つの問題があった。

 

その夫婦には子供がいたのだ。
「子供には何と言えばよいのか…」

そう悩んでいるうちに、数日、1週間と時が経ち、1ヶ月が過ぎようとしていた。

しかし不思議なことに、子供は全く母親の行方を聞こうとしない。

もしやこの子も母親が嫌いだったのか?いやそれにしても、全く母親の話題を口にしないのはおかしい…

たまりかねた夫は、思い切って探りを入れてみることにした。

「なあ太郎、お母さん何処行ったと思う?」

するとその子供はこう答えた

「ん?いつもおとうさんのうしろにいるじゃん」


0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)