宇宙船外で撮った360度映像公開、リコーとJAXA共同開発カメラで撮影成功!


リコーとJAXA(宇宙航空研究開発機構)が共同開発した小型全天球カメラが、宇宙船外で360度の全天球静止画・動画の撮影に成功。10月17日にその撮影データが公開されました。

こちらが公開された360度映像。

青い地球が写っている画像:2019年10月4日 19時55分(日本時間)南大西洋上空
THETAによる初撮影画像(太陽光が差し込んでいる画像):2019年10月4日 18時11分(日本時間)南太平洋上空

公開された360度全天球静止画・動画のデータは、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」船外実験プラットフォームで撮影されたもので、JAXAが運営する「JAXAデジタルアーカイブス」(JDA)と、リコーが運営するサイト「THETA LAB」で公開されており、THETA LABではWebブラウザ上から360度全方位をマウスなどで操作して自由な視点で見ることができます。

また、VRゴーグルなどを使うと、臨場感あふれる全天球イメージで宇宙空間を疑似体験することが可能です。

宇宙探査イノベーションハブとリコーは、宇宙空間(宇宙船外)で360°の全方位を一度に撮影できる小型全天球カメラを共同開発し、この度2019年9月25日に打ち上げられた、宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機で国際宇宙ステーション(ISS)へ送り届けられ、「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームに設置されました。
このカメラはJAXAとSony CSLが共同開発した、小型衛星光通信実験装置「SOLISS」(Small Optical Link for International Space Station) の2軸ジンバル部の動作確認のためのモニタカメラとして採用されています。
その際にTHETAが撮影した地球の画像と動画のデータを、リコーが運営するサイト「THETA LAB」とJAXA「JAXAデジタルアーカイブス」(JDA)にて公開いたします。

情報・引用元


0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)