国立ゴジラ淡路島研究センターの構想が凄い!2020年夏オープン予定


実物大ゴジラの中へ入れる、アトラクション「ゴジラ迎撃作戦」2020年夏、兵庫に誕生!

ゴジラをモチーフとしたアトラクション「ゴジラ迎撃作戦 ~国立ゴジラ淡路島研究センター~」が、2020年夏に兵庫・兵庫県立淡路島公園アニメパーク ニジゲンノモリにオープンする。

国立ゴジラ淡路島研究センター

「ゴジラ迎撃作戦」には、「シン・ゴジラ」に登場するものをモデルとした、世界最大となる全長約120mの等身大ゴジラが建設される。参加者は“国立ゴジラ淡路島研究センター”の一員となり、活動停止したゴジラの体内に突入するジップライン、飛散したゴジラ細胞を殲滅するためのシューティングゲームといったミッションに挑む。会場では、国立ゴジラ淡路島研究センター限定のグッズや、「ゴジラ迎撃作戦」の世界観に沿ったフードの販売も。なおこの「ゴジラ迎撃作戦」は、ゴジラをテーマにした常設アトラクションとしては唯一のものとなる。

貞松宏茂(ニジゲンノモリ代表取締役社長)コメント

2年前からこのプロジェクトを企画し、温めてまいりました。幅広い年代、全世界に発信できるコンテンツは ゴジラしかないと思い、開設当時から東宝様とご相談をさせていただきました。「ゴジラ迎撃作戦 ~国立ゴジラ淡路島研究センター~」を通じて、ゴジラの世界観を味わってもらい、日本が誇るクール・ジャパンコンテンツの魅力を淡路島より発信していきます。

大田圭二(東宝取締役 映像本部映像事業担当、音楽事業担当、チーフ・ゴジラ・オフィサー)コメント

今回「シン・ゴジラ」に登場したゴジラをモデルに、等身大で再現します。ゴジラをテーマにしたアトラクションで 常設のものとしては唯一、そして世界最大のゴジラとなります。凍結したゴジラが活動を再開しないよう監視をするというストーリーは、参加者にとって最大の挑戦となり、ゴジラとしても大きな意義のあるプロジェクトです。
「ゴジラ迎撃作戦 ~国立ゴジラ淡路島研究センター~」という挑戦のストーリーを是非体感して欲しいと思います。今から完成が楽しみです。非常に期待しております。


0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)