【時事】「海賊版の個人的なダウンロードは合法」とする著作権法改正案がスイスで可決


スイスが新たな著作権法改正案を2019年9月16日(月)に可決しました。

 

改正案では海賊版コンテンツの取り締まりが強化されている一方、ユーザーが個人的に海賊版をダウンロードすることは合法とされています。

EU議会ではインターネット上の著作権を強力に保護する著作権指令改正案が承認され、著作権違反の取り締まりが従来以上に強化されています。その一方で、EUに非加盟のスイスは政治的にEUと分かれており、EUのルールに準拠しない独自の法律を策定可能です。

スイスでも2017年に著作権法を改正する動きがありましたが、この時はアメリカ合衆国通商代表部(USTR)から苦情が寄せられたこともあり、すぐには可決されませんでした。USTRが問題としたのは、スイスの改正案ではBitTorrentなどのウェブサービスから個人が海賊版をダウンロードしても、問題にはならないという点です。

著作権保護の動きが急速に強まっているEU各国に対し、スイスは比較的緩い著作権保護規則を設けており、「スイスは海賊版サイトにとって非常に魅力的な場所である」ともいわれています。

 

USTRなどの苦情もありましたが、2019年9月16日にスイス議会は著作権法改正案を可決しました。改正案では、違法な海賊版を配布するサイトから個人のユーザーが海賊版をダウンロードしても処罰対象にならず、これまで違法な映画の海賊版などをダウンロードしてきた人々は、今後も海賊版を入手し続けられるとのこと。その一方で、海賊版の違法なアップロードについては禁止されたままです。

もう一つUSTRなどが問題と見なしている点が、改正案では海賊版サイトのブロッキングなどを行わないという点。EUでは広く海賊版サイトのブロッキングが行われていますが、スイスではインターネットサービスプロバイダがブロッキングを行う必要はありません。

なお、改正案ではスイスに拠点を置くホスティングプロバイダに対して、サーバーから海賊版コンテンツの削除を強制できるとのことで、海賊版に対する法の執行力は強まっている模様。それでも、改正案ではオンラインプラットフォームに対して、アップロードされたコンテンツが著作権で保護されているかどうかをチェックすることを強制しないこととなっており、スイスの著作権保護は手ぬるいという批判が根強いようです。

Parliament gives green light for anti-piracy legislation – SWI swissinfo.ch
https://www.swissinfo.ch/eng/intellectual-property-rights_parliament-gives-green-light-for-anti-piracy-legislation/45232098

Swiss Copyright Law: Downloading Stays Legal, No Site Blocking – TorrentFreak
https://torrentfreak.com/swiss-copyright-law-downloading-stays-legal-no-site-blocking/


0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)