【アプリ】無料で使えるCloudflareのDNSサービスアプリ「1.1.1.1」に高速VPN機能「Warp」追加


CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)などを提供するCloudflareが、2019年4月に予告していた高速VPN機能「Warp」をDNSサービス「1.1.1.1.」に追加したことを発表しました。

 

webサイトを開く時間が確かに早くなりました。

WARP is here (sorry it took so long)
https://blog.cloudflare.com/announcing-warp-plus/

「Warp」は、2018年1月に発表されたパブリックDNSサービス「1.1.1.1」の通信を常に暗号化してトラフィックを保護してくれる機能で、Cloudflareでは「VPN(Virtual Private Network)の意味がわからない人のためのVPN」と表現しています。

DNSサービス「1.1.1.1」はPC向けのほか、Android版・iOS版アプリがリリースされていて、「Warp」はまずAndroid版・iOS版で利用できるようになりました。

1.1.1.1: Faster & Safer Internet – Google Play のアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.cloudflare.onedotonedotonedotone

1.1.1.1: Faster Internet on the App Store
https://apps.apple.com/us/app/1-1-1-1-faster-internet/id1423538627

 

Android版の場合は、アプリをインストールした後「開く」をタップ。

Android版の場合は、アプリをインストールした後「開く」をタップ。

 

「Get Started」をタップ

「Get Started」をタップ

 

「Next」をタップ

「Next」をタップ

 

「Accept」をタップ

「Accept」をタップ

 

これがメイン画面。まずは「1.1.1.1」をオンにするため、中央のトグルスイッチをタップ。

これがメイン画面。まずは「1.1.1.1」をオンにするため、中央のトグルスイッチをタップ。

 

「Install VPN profile」をタップ

「Install VPN profile」をタップ

 

接続リクエストのダイアログが表示されるので「OK」をタップ

接続リクエストのダイアログが表示されるので「OK」をタップ

 

鍵のアイコンが表示されて「1.1.1.1」経由で接続する状態となり、通信が高速になったはず。端末や環境によっては高速にならないケースもあります。「Warp」を利用するには、最下部の「Enable」をタップ。

鍵のアイコンが表示されて「1.1.1.1」経由で接続する状態となり、通信が高速になったはず。端末や環境によっては高速にならないケースもあります。「Warp」を利用するには、最下部の「Enable」をタップ。

 

表示が「1.1.1.1」から「WARP」に切り替わりました。なお、さらに高速に接続できる機能として「Warp Plus」がありますが、ネットワーク上でトラフィックをルーティングするにあたってコストがかかるため、無制限で利用するには月額550円が必要。「Warp」を他のユーザーに紹介すると1GBの無料枠が得られるほか、紹介を受けた側も1GBも無料枠がもらえます。

表示が「1.1.1.1」から「WARP」に切り替わりました

 

いかがでしたか?体感できましたでしょうか?

 

情報先

https://gigazine.net/news/20190926-cloudflare-warp/


0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)