【実験】ドローンプロペラを搭載し柔軟な飛行をする、その名は「ランズドラゴン」


8個のヒンジ付き発泡スチロール断熱材と4個のドローンプロペラで飛行

「ランズドラゴン」と名付けられたこのドローンは、柔軟に飛行するフライングリボンを作成するべく、エンジニアのグループによって構築されたフライングマシンです。

風がない状態で飛ばすことを想定していて、突風には弱く、小さな風でも安定して飛ばないでしょう。小麦畑などを荒らす鳥対策として利用を想定しているようです。

テスト飛行の1つを動画で閲覧ください!

 

 

知らずに見たらかなり怪しい飛行物体ですね!

風にも弱く安定していないのでまだまだ改良が必要なようです。


0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)