【話題】実はファミリー向けではない犬種とは?


飼い犬についての意外な事実が判明しました

ペットの犬種を選ぶ場合、慎重になることがあります。そして飼い始めた犬には多くの時間と愛情が必要です。そのため、多くの要因が重要になってきます。しかし、不幸にもそれらの要因は知られていません。小さなお子様がいる場合は、特にこれらの要因を考えることが大切でしょう。

特定の犬たちは、子供達と非常に仲良く過ごすことができ、一方で、中にはさらなる問題を起こしてしまうような犬たちも存在します。そのため、犬を選ぶ前に、これらについて考えてはいかがでしょうか。

これから紹介する犬種は、幼い子供がいる家庭には不向きの犬たちです。

チワワ

チワワ

誰もがチワワのことが好きでしょう。ほとんどの人達は、チワワが小さくて可愛いため、子供たちの周りで飼うのに最適だと思われ、気に入っています。しかし、チワワは非常に頑固になることがあります。他の犬種と比べると、チワワは人間の弱い部分をすぐに察知する犬種です。チワワは、幼い子供に対し、思いやりを見せる傾向にありません。時には、チワワは暴力的になったり、子供に嫉妬します。チワワは、自分自身の立場を確立する必要があり、重要に思われないことを嫌がります。

 

アラスカン・マラミュート

アラスカン・マラミュート

幼い子供の周りに適さないもう一つの犬種がアラスカン・マラミュートです。アラスカン・マラミュートは、寒い地域に生まれた犬種です。犬の専門家たちはまたアラスカン・マラミュートの躾がとても困難だと述べています。アラスカン・マラミュートは、飼い主の弱みを見つける傾向があるとのことです。アラスカン・マラミュートが幼い子供や大人さえも攻撃したという多くのケースがあります。アラスカン・マラミュートに関するもう一つの問題は、多くの毛が落ちることです。そのため、家族の誰かが喘息になる問題があります。

ロットワイラー

ロットワイラー

ロットワイラーは、美しい犬種です。しかし、とても大きく成長します。もともと、ロットワイラーは、とても強い犬種として生まれました。そのため、カートや、動物の群れを移動させることができます。ロットワイラーは、勇敢さと強い忠誠心があるため、他人に対しては非常に攻撃的になることがあります。適切なトレーニングにより、ロットワイラーの強い性格はコントロールすることができます。しかし、それでも他人に対して敵対心を見せるかもしれません。

 

ブルマスティフ

ブルマスティフ

ブルマスティフは通常、とても大きく成長します。しかし、不幸にもブルマスティフの大きさや強さに関して、あまり周知されていません。つまり、ブルマスティフは気付かない間に、小さな子供を簡単に倒すことができます。ブルマスティフは、また他の犬種と比べると攻撃的です。適切なトレーニングを受ければ、ある程度までは制御できるでしょう。ブルマスティフの躾は、幼い時から行うのが非常に重要になってきます。

 

セント・バーナード

セント・バーナード

ほとんどの人々が、映画ベートーヴェンの影響により、セント・バーナードを見たことがあるでしょう。セント・バーナードは確実によく知られている犬種です!セント・バーナードはとても愛らしく、毛に包まれています。しかし、セント・バーナードは遊び心に溢れているため、なかなかうまく躾ができません。セント・バーナードはとても良い性格を持っていますが、体の大きさからも子供の周りに適したペットとは言えないでしょう。セント・バーナードは気付かないうちに小さな子供を簡単に怪我してしまう恐れがあります。

ワイマラナー

ワイマラナー

ワイマラナーはもともと狩猟犬として生まれました。ワイマラナーはエネルギーに溢れています。ワイマラナーは走ることが大好きです。子供に当たった場合は、簡単に子供を倒してしまいます。残念なことに、ワイマラナーは簡単に退屈になってしまいます。狩猟犬としての起源があるため、ワイマラナーは小さな子供を見ると、興奮して子供の周りを走りたがります。

 

オーストラリアン・シェパード

オーストラリアン・シェパード

もともと、オーストラリアン・シェパードは災害時の救助犬や番犬として生まれました。つまり、オーストラリアン・シェパードは多くのエネルギーと勇敢さに溢れています。オーストラリアン・シェパードは本当にたくさんのエネルギーがあります。そのため、十分なエクササイズが毎日必要となります。十分なエクササイズがされていない場合は、行動に問題を起こし始めます。そのため、小さな子供がいる家庭では、困難になるかもしれません。また他の問題としては、子供がオーストラリアン・シェパードの一部として見なされてしまうかもしれないということです。これにより、オーストラリアン・シェパードは幼い子供に対して攻撃的な態度を見せる可能性があります。

 

シベリアン・ハスキー

シベリアン・ハスキー

シベリアン・ハスキーはその強さとエネルギーでよく知られています。もともとは、寒い地域でソリを引く犬種として生まれました。そのため、家庭に入る目的で生まれた犬ではありません。シベリアン・ハスキーは、そのエネルギー量と毛並みにより、とても多くの世話が必要な犬種です。強い性格を持っていますが、シベリアン・ハスキーはトレーニングを受けることで従順で愛情深い犬になります。飼い主は、多くの時間と忍耐力を費やす必要があります。

アーフェンピンシャー

アーフェンピンシャー

躾(しつけ)に多くの時間と忍耐力が必要となるもう一つの犬種がアーフェンピンシャーです。アーフェンピンシャーはとてもいたずら好きな犬種です。アーフェンピンシャーは見ていて楽しい犬ですが、親である場合は注意が必要です。アーフェンピンシャーは超小型犬です。そのため、子供はよくアーフェンピンシャーをオモチャだと思い乱暴に扱ってしまいます。アーフェンピンシャーは自分を守ろうとして、攻撃的な姿勢を見せる傾向があります。アーフェンピンシャーを躾けることは可能です。しかし、それには沢山の時間と忍耐力が必要です。

 

チャウ・チャウ

チャウ・チャウ

チャウ・チャウは、オモチャのような見た目から、子供に適した犬だと思われがちです。しかし、そうではありません。チャウ・チャウはとても可愛らしいですが、大きな犬です。そのため、小さな子供を怪我させる可能性があります。またチャウ・チャウはとても嫉妬深い犬です。そのため、飼い主に接近する人は敵とみなす傾向があります。

 

アフガン・ハウンド

アフガン・ハウンド

もう一つの頑固な犬がアフガン・ハウンドです。もともと、狩猟犬として家を守ってきた犬です。アフガン・ハウンドはとても厳しいトレーニングと強い飼い主が必要です。アフガン・ハウンドの躾がうまくいっていない場合は、全く命令を聞かないでしょう。アフガン・ハウンドは大きな犬です。そのため、子供達は簡単に押し倒されてしまいます。それだけでなく、子供の遊びを攻撃的なサインと見なし、子供に攻撃的な態度を返す傾向があります。

キング・チャールズ・スパニエル

キング・チャールズ・スパニエル

キング・チャールズ・スパニエルは子供の相手として最適だという考えが主流です。キング・チャールズ・スパニエルは、非常に小さいですね。そのため、可愛くて、無害だと思われています。しかし、現実には、キング・チャールズ・スパニエルは子供と上手く行きません。主な問題は、子供の遊びを喧嘩だと勘違いし、キング・チャールズ・スパニエルは子供に攻撃的な態度を見せる傾向があるからです。見た目だけで判断するのは良くないですね。

 

グレイハウンド

グレイハウンド

グレイハウンドは現在レース用の犬として活躍しています。それにより、足の速さとエネルギー量で有名です。グレイハウンドは毎日長距離を走る必要があります。そのため、幼い子供がいる場合は、困難でしょう。グレイハウンドは乱暴な扱いが嫌いです。そのため、子供の行動をネガティブに捉えます。そのため、子供の周りでは、予想外の行動に出る可能性があります。

 

フレンチ・ブルドッグ

フレンチ・ブルドッグ

フレンチ・ブルドッグは、最も遊び心のある犬種の一つです。しかし、子供の周りにはあまり適さない犬でしょう。フレンチ・ブルドッグは、多くの時間と愛情を必要としています。そのため、十分な愛情を与えられていない場合は、フレンチ・ブルドッグは行動に問題を起こします。そして、時には攻撃的になることもあります。そのため、フレンチ・ブルドッグを小さな子供の家がいる家庭で飼うことはあまり良いアイデアだとは言えません。子供に嫉妬する可能性があります。

ジャック・ラッセル・テリア

ジャック・ラッセル・テリア

ジャック・ラッセル・テリアはエネルギーに満ちた犬です。ジャック・ラッセル・テリアを飼いたいと考えている場合は、子犬の時から適切で厳格なトレーニングが必要です。ジャック・ラッセル・テリアはおそらく幼い子供のいる家庭での完璧なペットとは言えないでしょう。なぜなら、ジャック・ラッセル・テリアは子供がするようなつねったり押したりするのが嫌いだからです。そのため、子供がいる場合は、ジャック・ラッセル・テリアを飼うことは良いアイデアではないかもしれません。見た目に惑わされず、良く考えましょう。

 

シャー・ペイ

シャー・ペイ

シャー・ペイが可愛い姿を持っていることは否定できないでしょう。見た目がなんとも癒されますね。シャー・ペイには余分な皮膚があり、シワがあります。しかし、一般的に考えているよりも、シャー・ペイは小さな子供の周りには向かない事実があります。シャー・ペイは小さな子供の周りで攻撃的になることができます。そのため、小さな子供がいる場合は、シャー・ペイを飼うことは危険になるでしょう。

 

ダックスフント

ダックスフント

誰もがダックスフントがとても可愛い小さな犬であることに同意するでしょう。ダックスフントは、1600年代にドイツで生まれました。もともと、狩猟犬でした。そのため、ダックスフントは他の小動物(子猫、ハムスター、あるいは子供など)とは仲良くしない傾向があります。一部の小型犬は、小型犬症候群に苦しんでいることをご存知のことでしょう。これは、体の大きさが関係しています。そのため、攻撃的になり、不安を解消しています。そのため、ダックスフントは小さなお子様の周りでは適さない犬と言えるでしょう。

ジャーマン・シェパード・ドッグ

ジャーマン・シェパード・ドッグ

誰もがどこかでジャーマン・シェパード・ドッグを目にしたことがあるでしょう。ジャーマン・シェパード・ドッグは、警察犬として良く働いています。ジャーマン・シェパード・ドッグを適切にトレーニングした場合は、非常に従順で知的な犬になります。ジャーマン・シェパード・ドッグには、攻撃的な側面があります。そのため、他人を見ると攻撃的になる傾向があります。ジャーマン・シェパード・ドッグはとても大きい犬で、強い力と鋭い歯を持っています。そのため、簡単に子供に危害を与えることができてしまいます。子供がいる家庭の場合、ジャーマン・シェパード・ドッグを飼うことは危険を伴います。

 

グレート・デーン

グレート・デーン

グレート・デーンを見たことがある方は、その姿を忘れることはないでしょう。子犬でさえ、グレート・デーンは非常に背が高いです。大抵の場合、とても温厚な犬ですが、コントロールができないと多くの危害を加える可能性があります。グレート・デーンは簡単に他の動物の動きを抑えつけることができます。子供だけでなく大人までもです。このような理由からも、小さな子供がいる家庭でグレート・デーンを飼うことはあまりオススメできるアイデアではないでしょう。

 

狼犬

狼犬

狼犬は確実にゴージャスな犬です。しかし、名前の通り狼犬は半分狼です。そのため、狼犬の行動は時には狼を思い出させるようなものです。狼犬をペットで飼うことは非常に危険です。なぜなら、狼犬は常に獲物のために何かを殺さなければならないという使命を感じているからです。他の犬とは違い、どれだけの時間を費やしても狼犬は躾を適切にすることさえ不可能かもしれません。そのため、狼犬を飼うことで、より多くの費用がかかります。言うまでもなく、子供がいる家庭で狼犬を飼うことは適さないでしょう。

アメリカン・スタッフォードシャー・テリア

アメリカン・スタッフォードシャー・テリア

アメリカン・スタッフォードシャー・テリアは攻撃的な犬種として知られています。アメリカン・スタッフォードシャー・テリアは、ピット・ブルに関連しています。そのため、子犬の頃から躾が良くされていなければなりません。躾がされていない場合は、攻撃的で制御できない状態になってしまいます。適切に躾がされている場合は、アメリカン・スタッフォードシャー・テリアは人間に対してもフレンドリーです。しかし、躾がされていない場合は、攻撃的です。そのため、アメリカン・スタッフォードシャー・テリアをペットとして飼うことは危険が伴います。

 

ペロ・デ・プレサ・カナリオ

ペロ・デ・プレサ・カナリオ

名前からも分かるかもしれませんが、ペロ・デ・プレサ・カナリオはもともとスペインのカナリア諸島原産です。一般的には、ドゴ・カナリオとして知られています。がっしりとした筋骨隆々で骨太の体つきをした、たくましい犬です。ペロ・デ・プレサ・カナリオは、護畜犬種として生まれました。しかし、ペロ・デ・プレサ・カナリオは攻撃的だという悪評もあります。ペロ・デ・プレサ・カナリオは危険になるかもしれないため、多くの地域では飼うことが許可されていません。そのため、子供がいる場合は、ペロ・デ・プレサ・カナリオを飼うことは避けたほうがいいでしょう。

 

土佐闘犬

土佐闘犬

多くの人々は土佐闘犬について聞いたことがないかもしれません。比較的、マイナーな犬種です。多くの国では、土佐闘犬をペットとして飼うことを禁止しています。その理由は、土佐闘犬の悪評です。もともと、土佐闘犬は闘犬として生まれました。しかし、ほとんどの闘犬は犬とのみ戦い、他の動物には気にも留めません。しかし土佐闘犬は、何に対しても戦います。それが、例え飼い主であってもです。適切なトレーニングでさえ、土佐闘犬を時には止めることができません。土佐闘犬が攻撃し始めると、止めるのはほぼ不可能と言っていいでしょう。そのため、子供がいる家庭で土佐闘犬を飼うことは避けましょう。

ドゴ・アルヘンティーノ

ドゴ・アルヘンティーノ

南アメリカのアルゼンチン原産のドゴ・アルヘンティーノ。狩猟用として生まれました。またドゴ・アルヘンティーノは政治的にも使われています。ドゴ・アルヘンティーノは強いため、闘犬としても良いでしょう。とても攻撃的な性格のため、10カ国以上でドゴ・アルヘンティーノを飼うことは禁止されています。躾がされていても、人間を襲う可能性が残っています。そして、ドゴ・アルヘンティーノは飼い主でさえ襲うことがあります。

 

ローデシアン・リッジバック

ローデシアン・リッジバック

ローデシアン・リッジバックは非常に危険な犬種です。ライオンを追うためにアフリカで生まれました。ローデシアン・リッジバックは、過去に子供を襲ったことがあります。そして、トレーニングやコントロールが非常に難しい犬種です。ほとんどの場合、ローデシアン・リッジバックはとても落ち着いた動物です。しかし、一度攻撃的になると、落ち着かせることは不可能でしょう。言うまでもなく、小さな子供のいる家庭には向きません。

 

情報。翻訳先


0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)