核爆発が現代の都市で起きたらどうなってしまうかをアニメで解説


核爆発が現代の都市で起きたらこんなにも恐ろしいことに!

二次世界大戦末期、日本では、1945年8月6日に広島市、1945年8月9日に長崎市と原子爆弾が投下され、市民を中心に甚大な被害をもたらした。

そんな核兵器が「近代の都市部を襲ったら一体どうなるのか?」、科学系YouTubeチャンネルのKurzgesagtがアニメで解説しています。

 

いつも通り仕事や生活を送っている街があります。

 

そこに1発の核爆弾が投下されるというのが今回のアニメーションの舞台です。

 

英語になりますがニュアンスで伝わると思うので、是非この動画をご覧ください。

いち早くこの世界から核兵器廃絶してもらいたいものですが、近年核保有国は増えるばかり。

臆病で支配的な指導者達はいったい何がしたいのでしょう。

極論になりますが、人類は一度滅ぶしかないのでしょう…


0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)